2015月2月の記事一覧

話の整理の天才、池上彰さん

2015/2/28 08:00

テレビ朝日×朝日新聞 第4回メディアフォーラム『震災報道を考える』にいってきました。フォーラム
コーディネーターはわかりやすい解説第一人者の池上 彰さん。

「東日本大震災から4年となる被災地は今どうなっているのか?」を朝日新聞仙台総局と福島放送からの取材報告で伝えてくれました。

「そして被災地の今と未来を伝えるべくメディアは何をすべきなのか?」を白石 草さん(OurPlanetTV代表)、藤代裕之さん(ジャーナリスト)、長 典俊さん(朝日新聞編成局長)、水谷寿彦さん(テレビ朝日 報道局社会部デスク)の4人のパネリストと池上さんによる討論会で『震災報道』における問題提起をしてその解決策を探りました。
藤代さんの「災害によって何が学べたかを教訓として、その教訓を被災地そして被災者から発信していくことが大事」という言葉がとても印象に残りました。
そしてその発信することにメディアの役割があるのではないでしょうか。

とにかく池上 彰さんはすべて自分の言葉で、整理された内容を、とてもわかりやすく話してくれます。池上 彰さんの収録は多分編集の必要がないのではないでしょうか?
それでいてしっかり冗談も交えて笑いも取る。最強です!
「わかりやすい言葉で物事を整理して相手に伝える」コミュニケーションの基本を改めて教えられました。
本物の伝える技術を目の前で(テレビ番組収録現場)体感できる機会を得られたことがとても良い経験でした。
それと司会のテレビ朝日アナウンサーの下平さやかさんがとっても素敵でした♪

この日の様子はテレビ朝日「はい!テレビ朝日です」(日曜朝5時~5時20分/関東ローカル)で3月15日、22日、29日に放送予定。
朝日新聞では3月11日(水)朝刊別刷りに掲載されます。ぜひご覧ください!
(キャプテンK)

動画はスマホで・・・の裏づけ

2015/2/27 08:00

消費者の情報調査・分析会社であるニールセン株式会社が、スマートフォン(スマホ)視聴率調査およびPC版インターネット視聴率情報のデータをもとに2014年1月~2015年1月の1年間の「ビデオ/映画」カテゴリーの最新利用動向を2月24日に発表しました。スマホ
最新の2015年1月時点でのスマホによる利用者数は3,701万人、PCでの利用者数は2,682万人とスマホで視聴する人がPCを1,000万人上回る結果となっています。

そして利用するサービスは1位に「YouTube」、2位が「ニコニコ動画」、3位が「GYAO!」となっていますが、そに内容は各サービスで違いがあるようです。
1位の「YouTube」はスマホ利用者がPC利用者の1.6倍にあたる3,060万人が視聴しています。それに反して、3位の「GYAO!」はPC利用者がスマホ利用者の1.7倍にあたる880万人視聴しているという結果を得ました。
これから想像するに「GYAO!」はPCの前でじっくり長時間ソフトを視聴しているの対し、「YouTube」はスマホでちょこちょこ短時間視聴しているということでしょうか。

インターネットにおいて動画コンテンツが今後最も注目されていくと思われますが、利用するデバイスはPCから徐々にスマホやタブレットに移行していくのでしょうね。
Web動画はスマホで見るのがあたりまえになる日も近いのです。そして見るだけじゃなく、個人が動画を作成して投稿・発信していく。
今まさに起こっていることです。
(キャプテンK)

ニールセン株式会社による「ビデオ/映画」カテゴリの最新利用動向調査について詳しくはコチラ

文太さん×タワレコ

2015/2/26 08:00

以前、高倉健さんが表紙になったときも取り上げた、タワーレコードのカルチャーフリーマガジン『intoxicate』(「イントキシケイト」って読みます。偶数月の20日発行)最新2月20日号の表紙に菅原文太さんが登場!文太さん1文太さん2

健さんに負けず劣らずの抜群の存在感を放ってます♪
マガジンでは広島出身・在住の音楽・文化評論家 東琢磨(ひがし・たくま)さんが、文太愛にあふれた素晴らしい追悼原稿を書かれています。

『intoxicate』の意味は「人を酔わせる、興奮させる、夢中にさせる」
まさに文太さんにぴったりのマガジン登場です。

『intoxicate』は最寄のタワーレコードに設置されています。
自由に持ち帰ってください♪
ほかのページも読み応え抜群だぞ!おすすめ!
(キャプテンK)

タワーレコードがお近くにない方の『intoxicate』入手方法はコチラ

2014年ネット広告が遂に1兆円を突破!

2015/2/25 08:00

株式会社 電通が24日に、2014年の広告界の市場規模を推定した「2014年 日本の広告費」を発表しました。矢印

それによると2014年(1月~12月)の日本の総広告費は前年比102.9%の6兆1,522億円で、6年ぶりに6兆円を越え、また3年連続で前年実績を上回りました。
要因的にはソチ冬季オリンピックや、サッカーワールドカップ(ブラジル大会)が広告需要を押し上げたようです。

そして今回なんといっても大きなトピックスはインターネット広告の大躍進です。
インターネット広告は前年比112.1%で1兆519億円と、初めて1兆円を越える存在になりました。
そしてインターネット広告の内容は常に新しい手法(今は「運用型広告」)に変化していってます。

日本の広告は より便利に、より効果的に。
進化し続けます!(キャプテンK)

電通発表『2014年 日本の広告費』について詳しくはコチラ