2014月12月の記事一覧

挑戦することは素晴らしい!

2014/12/31 08:00

福山雅治さんの年末恒例イベント『福山☆冬の大感謝祭』に初めて行ってきました。
福山さんのライブ自体、初体験です。チケットの手に入り難さもありますが、何よりも観客が女性割合が多いアーティストなので50代単独男性は行き辛さが一番でした。
ところがその福山さんが自身初となる男性限定ライブをやるというので好機到来!参加した次第です。
福山1
タイトルは『福山☆冬の大感謝祭 其の十四 / 男の、男による、男のための聖夜にして野郎夜(やろうや)!12.23 Hotel de Fukuyama Ⅲ 横浜メンズ館』
1万4,964人の野郎が集まり、男性歌手による男性限定ライブとしては、日本音楽史上No.1記録となりました!
福山さんにとって男性限定ライブは長年の夢とのことで、本人が本当に楽しそうで、その気持ちや熱や想いが直接伝わってくる素晴らしいライブでした。
気づいたら福山さんも45歳。こんな若くでかっこいい45歳はいません。そして男性への好感度4年連続No.1男性有名人でもあります。
わかります。53歳の自分も今回男が男に惚れました。

この福山さんの若さの秘訣は常に自分にとって始めてのコトや新しいモノに挑戦し続けているからだと誰かが言ってました。
ただ今回の男性限定ライブは1998年に『冬の大感謝』開始以来、初めてチケットが完売(1万8,000枚)しなかった悔しさからこのまま終わるわけにいかないと来年にリベンジ宣言!挑戦が始まります。
最後の福山さんの言葉がとても印象的だったので記載します。
「長年の夢でした。この日が夢の到達点だと思ってたんですけど、違いました。この日からが、また夢の始まりなんだと教えてもらいました。また野郎歌(やようか)!また野郎夜(やろうや)!」
男・福山雅治、本日も『冬の大感謝祭』会場から紅白歌合戦に登場します。乞うご期待!
(サザンや中森明菜さんも急遽出演決定で、今年の紅白楽しみです~♪)
福山2
会場正面には各界関係者からお祝いのスタンド生花が。こちらもライブ会場ではおなじみですね。
広告会社コーナーみたいな一角があって、上手から電通、博報堂DYメディアホールディングス、博報堂、大広と並びます。
いつか自分も福山さんと仕事をして『冬の大感謝祭』にお花を出したい!
これで今年最後のセーラーマンEASTを締めくくります。

夢はあきらめず、想い続けると必ずかなうと信じて。
そして常に新しいものに挑戦しつづけたいと思います。

皆様 良いお年をお迎えください!(キャプテンK)

『福山☆冬の大感謝祭 其の十四』について詳しくはコチラ

セーラー広告は四国新聞広告賞を受賞しました♪

2014/12/30 08:00

新聞媒体の特性を生かし、豊かなアイデアと優れたデザイン、コピーなどで読者の共感を呼んだ広告に贈られる「第44回 四国新聞広告賞」受賞作品が12月29日の四国新聞紙上で掲載されました。四国新聞広告賞ベルモニーさん
私たちセーラー広告制作の広告が「優秀賞」を受賞しました。

受賞作品は株式会社ベルモニー様の企業広告 漢字シリーズ「寄り添うのが、仕事です」。
実に真面目で誠実な広告作品です。
4年前から同賞の審査員であるクリエイティブ・ディレクターの佐藤可士和さんの四国新聞広告賞総評から僕自身が印象に残った部分を転載します。

一つの広告で、全てを語ろうとしているー。少しでも多くの情報を入れたい気持ちは分かる。でもそれだと必ず「予定調和」になってしまう。
新聞広告は客をそこに(ウェブサイトに)導く前に、まずは興味を持ってもらうための手段にすべきだと考える。
そのために必要なのが、ページをめくった時に目を留める強いインパクトだ。
広告の正解は一つではない。新しい「風」が欲しい。

そのためには我々自身が新しい風にならないと!
年末に「渇!」をいただきました。
佐藤可士和さん、素敵な言葉をありがとうございます。
(キャプテンK)

ホラー映画で販売促進!

2014/12/29 08:00

ますます動画が販促プロモーションとして注目される今、また新しい動画が話題になってます。
それがホラー映画「Killer Finger」。休暇で人里はなれた家を訪れた男女を、指をなめる怪物が襲う!
この「指をなめる」がキーワードです。

実はこの動画は湖池屋が12月に発売したスナック菓子「ドはまりスコーン 濃厚デミハンバーグ味」の販促プロモーションで制作されました。
スコーンの特徴が「思わず指までなめちゃう濃厚さ」であることがその理由。
このリアルなホラー映画風の動画ですが、劇中所々で新商品が登場します。
商品名や特徴をあえて直接アピールせず、あくまでもSNSでの口コミ効果を狙ってます。

日々進化していく動画によるプロモーションから目が離せません。
(キャプテンK)

「自慢話」は嫌われる!

2014/12/28 08:00

某生命保険会社が未婚の20~39歳の男女千人に「合コンや街コンに関する意識調査」をした結果が先日報道されていました。合コン
合コンへの参加理由は複数回答可で①「恋人をつくるため」が51.5%。②「人脈を拡げるため」が32.4%。③「友人をつくるため」が25.4%。という想定通りの結果でした。
そして面白いのが「どんな合コンが嫌か?」という設問に対する回答は断トツで「自慢話ばかりする人がいる合コン」とのこと。
合コンに限らず、どんな場でも嫌ですね。
納得の結果です。
自覚症状の無い皆さん 注意しましょうね。
(キャプテンK)