英国に本部を置く非営利団体「D&AD」が1963年に創設したD&AD賞は、審査の厳しさで定評があり世界中のクリエイターたちが憧れる世界最高峰のクリエイティブ賞と言われています。D&AD

そしてD&AD賞のグランプリに値する「ブラック・ペンシル」は人びとを驚愕させ議論をよび、そして新しい時代を切り拓くクリエイティブのみに授与される賞ですが、2014年は「ブラック・ペンシル」が史上初めての7作品が選ばれるという当たり年となりました。日本の作品も6年ぶり2度目の快挙となる「Sound of Honda / Ayrton Senna 1989」が獲得しました。

社会のさまざまな問題と向き合い、本気で世の中を変えようとしているクリエイティブ作品が数多く展示されています。
アド・ミュージアム東京にて入場無料。(2015年3月1日まで開催)

クリエイティブの力でより良い世界を!
より良き社会の実現のために
もっとクリエイティブを活用していきましょう!

(キャプテンK)

『D&AD賞 2014展』について詳しくはコチラ