徳島県が「徳島」の知名度の向上とブランドイメージの定着を図るために「徳島県共通コンセプト」を策定しました。それはいままでの地方ブランドの打ち出し方と全く違う、新しい観点による創出です。

確かに「藍染」「阿波踊り」「すだち」「ハモ」「鳴門金時」に代表される世界に誇れる徳島ブランドはあるのですが、これを「良い」「おいしい」とPRしてもなかなか伝わりにくいと判断。そこで、徳島県は、日本最大の都市「東京」と比較対象とすることで「新しい価値観」を提示していくことに決めました。そのコンセプトこそが『vs東京』。『東京に取って替わる新しい価値観を徳島が発信する』という他に例をみない、意欲的で斬新なコンセプトです。今後国内外に徳島県の魅力を強力にアピールしていきます。

『vs 東京』のPR映像が大変素晴らしいです。
これは現在徳島県神山町にサテライト・オフィスを置く、NHK大河ドラマ「八重の桜」のオープニング映像とかを制作された世界的に活躍されている映像作家・菱川勢一氏が率いるドローイング・アンド・マニュアル株式会社によって作られたものです。

徳島はな、ホンマはごっつい値打ちのあるとこでよ。

(キャプテンK)