2014月11月の記事一覧

今日は中野駅前が凄いことになっている!

2014/11/30 08:00

本日11月30日、サブカルチャーの聖地である「中野」がマンガ・アニメ・ゲームの世界に染まります!
タイトルは『MAG Festa』。マンガの「M」、アニメの「A」、ゲームの「G」で「MAG」。実にわかりやすい!
この日は中野駅周辺では中のブロードウェイをパレードする「コスプレパレード」や「ステージイベント」、コスプレによる街中体験型ゲーム「MAGクエスト」が行われます。
コスプレで街中を歩きまわり、色々なイベントを満喫したり、普段はコスプレで写真を撮れない場所での撮影会やコスプレパレードに参加できたりコスプレイヤーにとっては夢のような1日ですね。
主催は中野駅前各商店街の振興組合で、中野区が後援しています。
街ぐるみでマンガ・アニメ・ゲームに夢中になるお祭りが2014年からスタートです。
TO中野
噂のタウン誌「TO マガジン」2014年・春号は「中野区」特集。
ネットで購入しました。カバーと特別企画は長澤まさみさん♪
僕の盟友・杉作J太郎氏も思い出コラムを載せています。
ディープな中野の話題満載で、こちらもおすすめ!(キャプテンK)

『MAG Festa』について詳しくはコチラ

徳川家康公の名言

2014/11/29 08:00

先日、日光東照宮に行ったときに徳川家康公が埋葬されている山の頂に行く途中に『東照宮遺訓』が建てられてました。家康公遺訓

この『東照宮遺訓』は徳川家康公の遺訓のことです。
あまりに素晴らしいお言葉なので、全文を記載します。

人の一生は重き荷を負うて 遠き道を行くが如し
急ぐべからず
不自由を常と思えば不足なし
心に望みおこらば 困窮したる時を思い出すべし
堪忍は無事長久の基 怒りは敵と思え
勝つことばかり知りて 負くるを知らざれば 害その身に至る
己を責めて 人を責むるな
及ばざるは 過ぎたるより勝れり

昔、我が家の壁にもこの『東照宮遺訓』が貼られていました。
子供のときから慣れ親しんだ言葉であるのですが、実践できてはいません。
改めて家康公の残した一言一言の重さとその真理が伝わってきます。

言葉の力を感じます。(キャプテンK)

東北和綴じ自由帳プロジェクト

2014/11/28 08:00

若手から第一線で活躍するトップクリエイターまで(なんと小田桐昭さんや葛西薫さん、湯村輝彦さん、和田誠さんといった大御所も!)、187人が表紙をボランティアでデザインして、東北の障がい者施設(福島県、岩手県、宮城県)で働くハンディキャップのある作り手の皆さんが和綴じ製本する自由帳プロジェクト。自由帳1自由帳2日本の伝統的な製本方法である「和綴じ」。この昔ながらの技術を東北のハンディキャップのある皆さんが身につけて、糸でひとつひとつ綴じていく自由帳プロジェクトには、「東北から、人と未来を結ぶ」という願いが込められています。

自由帳はその名の通り、中面は無地です。しかしこの用紙は東日本大震災の津波によって大きな被害を受けながらも新たに開発された日本製紙の宮城県石巻工場産の紙を使用しています。
そして11月26日から銀座のギャラリーで『東北和綴じ自由帳プロジェクト』の作品展示・販売会が開催されています。全187種類の表紙デザインの自由帳が揃ってます。

ひとりでも多くの方に自由帳を使ってもらって、東北の仕事につがればと思います。
自由帳の販売収益金は、東日本大震災の被災地の子供たちを支援するために寄付されます。
販売は会場販売だけでなく、インターネットによる通信販売もあります。
是非、以下に記載したサイトから作品をご覧になってください。
僕の買った自由帳
僕も自分用とプレゼント用に数冊会場で購入しました。(写真は自分用の2冊♪)
本当は全部揃えたいくらい素敵な表紙が並んでいて本当に迷います。
何度も通いそうです♪(キャプテンK)

『東北和綴じ自由帳展』について詳しくはコチラ

『D&AD賞 2014展』開催中!

2014/11/27 08:00

英国に本部を置く非営利団体「D&AD」が1963年に創設したD&AD賞は、審査の厳しさで定評があり世界中のクリエイターたちが憧れる世界最高峰のクリエイティブ賞と言われています。D&AD

そしてD&AD賞のグランプリに値する「ブラック・ペンシル」は人びとを驚愕させ議論をよび、そして新しい時代を切り拓くクリエイティブのみに授与される賞ですが、2014年は「ブラック・ペンシル」が史上初めての7作品が選ばれるという当たり年となりました。日本の作品も6年ぶり2度目の快挙となる「Sound of Honda / Ayrton Senna 1989」が獲得しました。

社会のさまざまな問題と向き合い、本気で世の中を変えようとしているクリエイティブ作品が数多く展示されています。
アド・ミュージアム東京にて入場無料。(2015年3月1日まで開催)

クリエイティブの力でより良い世界を!
より良き社会の実現のために
もっとクリエイティブを活用していきましょう!

(キャプテンK)

『D&AD賞 2014展』について詳しくはコチラ