2014月10月の記事一覧

恐るべきさぬきうどん攻略本 誕生!

2014/10/27 08:00

osorubeki

この10月、別冊『恐るべきさぬきうどん攻略本』が全国の主要書店・コンビニ&アマゾンで販売開始になりました。セーラー広告のグループ会社である株式会社あわわの発行書籍です。

さぬきうどんブームの火付け役となった香川のタウン誌「TJ KAGAWA」と、さぬきうどん巡りのバイブルとも言える名著「恐るべきさぬきうどん」。現在セーラー広告が毎月発行している月刊WEBマガジン「タウン情報かがわ」は、この2つの遺伝子を受け継いだ電子版情報誌です。特に『タウン情報かがわ』のうどん特集は、他の情報誌では絶対にできない、地元ならではのまったく新しい切り口によるオモシロ特集が盛りだくさん!そんなうどん特集から特に面白いものをセレクトし、1冊の本にまとめたのが『恐るべきさぬきうどん攻略本』です。定番の人気店はもちろん、圧倒的多数のうどん店が存在する讃岐ならでは斬新な切り口によるお店もたくさん掲載されています。

キャッチコピーは「いわゆる‘さぬきうどん通’もまだ知らない奥深いさぬきうどんの世界」。至福の一杯をぜひご堪能ください!

(N)

アマゾンでのご購入はコチラ

【概要】
●判型/B5判・176ページ・オールカラー
●価格/本体価格926円+税
●発行日/2014年10月
●発行/株式会社あわわ
●発売/株式会社復刊ドットコム

人間の行動って面白い♪

2014/10/26 08:00

雨が降ってきたらまずは身体の上部である頭や顔に雨粒を受けて感じます。雨
でも、雨が降ってると“実感”するために人は必ずといっていいほど手の平を上に向けて雨粒を確認しますね。
すごく不思議です。皮膚感覚だけでは納得せずに視覚を伴う確認を要するのです。
このような確認行為をとる場合は、心に不安なこと、嫌なことの場合が多いように僕は思います。

でも今まで何でこんなことを疑問に思わなかったのか?
自分の鈍感さに呆れますが、人間の行動って科学や論理で括れない不思議さがあって本当に面白い。

この頃は人間観察の毎日です♪(キャプテンK)

教科書で見たあれもこれも!『日本国宝展』始まる!

2014/10/25 08:00

東京国立博物館に『日本国宝展』を見に行ってきました。(開催期間:10月15日~12月7日)国宝展
平成以降では1990年、2000年に続いて3回目の『日本国宝展』の開催です。過去2回では120万人もの観客を動員しています。
今回のテーマは「祈り、信じる力」。日本文化に深く影響を与えた“信仰”の観念から「国宝」をあらためて見つめる内容になっています。
出品件数は現在の国宝1,090件の1割以上にあたる約120件揃います。また、今回は期間限定(11月3日まで)で東大寺正倉院の宝物11件が特別出品されています。これは必見!

中学や高校の教科書に載っていた「玉虫厨子(たまむしのずし)」、漢委奴国王(かんのなのわのこくおう)が刻まれた「金印」(11/18~30公開)、「鳥毛立女屏風(とりげりつじょのびょうぶ)」などの本物を目にできることは感動です。

そして今回の隠れメインともいえるのは「土偶」ではないでしょうか?現在国宝の土偶は日本に5体存在しますが、11月21日~12月7日の期間はその5体が全て勢ぞろいします。
僕も初めて土偶(国宝3体)を見ましたが、時空を超えて神々しい印象を受けました。

2ヶ月近い公開期間なので、期間限定で出品される国宝が多々あります。
次の機会はまた15年後?
見逃したくないので何度でも足を運びそうです。
(キャプテンK)

『日本国宝展』について詳しくはコチラ

“みせる”新感覚サイト 本日スタート!

2014/10/24 08:00

poster_a5
セーラー広告が制作に携わらせて頂いたファッションブランド「DouDou」の新しいコーディネートサイトが本日の12時にオープンします!

このサイトはスマートフォン専用です。そして、一番苦労したのがそこでした。スマートフォンでできることはどんどん多くなっています。しかし、それは専用アプリを使えばの話。通常のスマートフォンブラウザから見せるサイトでできることはまだまだ限られています。例えば、ページを開いた瞬間に自動的に動画が流れるようにしたい。そんな簡単そうなことでさえ、実はかなりのハードルがあります。

スマートフォンでできることを試行錯誤し、撮影や演出に工夫を凝らしてつくりあげていったサイトです。

特に撮影は真俯瞰からの撮影や、ターンテーブルを使った撮影を行なっており、とてもいい感じに仕上がっています。本日12時オープン!ぜひご覧ください。

DouDou公式サイト