「デザインを五感で楽しむ」をコンセプトに多種多様なデザインが終結する「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH」の8回目となる今年のテーマは「デザインのスイッチ」です。
見て、触れて、楽しみながら、あなたの感性のスイッチを押してくれるユニークなプログラムが盛りだくさんです。

そのなかで都心の広大な緑のなかで感受性を育み、デザインのスイッチを押す企画「森の学校」に参加してきました。図書館
東京ミッドタウンの公園内でのクリエイターによる特別講義「青空教室」は開放感満点です。
特におすすめは同公園(ミッドタウン・ガーデン)内に併設された「森の学校の図書館」。水野学さんや、小山薫堂さん、永井一史さん、原研哉さんなど日本を代表するトップクリエイター50名が選んだデザインを押してくれる一冊を青空の下にお薦めコメント入りで揃えてます。そしてレジャーシートの貸し出しもあるので、穏やかな日差しと気持ちの良い涼やかな風を感じながら芝生でゆっくりと読書を楽しめます~♪
期間は11月3日(月・祝)まで。

今週末、デザインのスイッチを入れてみよう!
頭と身体が活性化するよ♪ (キャプテンK)

『六本木未来会議 森の学校』について詳しくはコチラ