宇宙開発やゲノム解析などの難易度の高い目標に懸賞金をつけて競わせる「Xプライズ財団」の創設者であり、今年3月の米フォーチュン誌の「世界の偉大なリーダー50人」に選ばれたピーター・ディアマン氏が日経新聞の取材で語った言葉です。心に強く響きました。ひまわり

「本当に革新的なイノベーションはクレージーなアイデアからしか生まれない」
「自分にできると考えるか、できないと考えるか。それが大きな差を生む」
「何でも小さく、漸進的(ぜんしんてき:順を追って徐々に目的を実現しようとするさま)に考える集団の中にいれば自然と『できない』と考えるようになる。『不可能なことは何もない』と考える集団の中にいれば、自分もそう考えるようになる」

言葉って人を勇気を与えるチカラをもってますね。
素敵な言葉を使えて、語れる大人になりたいです。
(キャプテンK)