公正な世論の醸成を目的に、報道機関の時事通信社の関連団体として1954年に設立された「内外情勢調査会」。総理
全国各地の企業経営者や諸団体のトップらが会員として入会し、会員への講演活動や資料提供により国内外の諸情勢について知識の向上と理解の増進を図っています。
その全国講演会(年に10回開催)に弊社の村上社長の代理でここ何回か参加する機会をいただいてます。講師には政治、経済、国際、防衛、文化など様々な分野の著名な専門家が登場します。
昨日19日に開催された9月度全国懇談会は安倍総理大臣が「当面の内外の課題」と題してご講演。消費税率10%への引き上げ判断に向け、7~9月GDP速報前に有識者による集中点検会合を開くことなど「日本の今」を40分にわたって述べられました。当日は今までで最高の参加者数(約2,000人)だったようです。幸運にも僕は前から8列目で講演を聴くことができました♪

「大いに見聞を広め、新しい知己を得られれば良いと思います」というメッセージと共にこういう希少な経験を積ませてくれる弊社の村上社長には心から感謝しています。
この経験を決して無駄にせず、もっと人間の幅を広げていかなければと思ってます!(キャプテンK)