渋谷ヒカリエ8Fのd47 MUSEUMで開催されている『Design Bussan 2014』(デザイン物産2014)がとても面白い!物産入り口栗ようかん

その土地を代表する伝統芸能や地場産業など、昔から長く続いているその土地に愛されるものにデザインを取り入れて、伝統を大切にしながら新しい挑戦をしているものを対比させながら、日本のものづくりの「進化」を見つけていく展覧会です。47都道府県がすべて「力強い定番品」(Origin)と「新しいデザインの試み」(+Design)を「工芸品」と「食品」の2分野=4品展示しています。なのでとてもわかりやすく“デザインの力”を感じられます。

下の写真は高知県のコーナーに展示されていた「里の栗ようかん」です。デザイナーは高知の伝説のデザイナー・梅原真さん。写真の通り、47都道府県全ての展示コーナーにデザイン進化の見どころやツボが手書きPOPされています。これも素敵なガイダンスです。
ちなみに「里の栗ようかん」は『力強い素材を、やさしい素朴に進化させる。名前だけの文字のパッケージから語り出す、文字のパッケージにしていく。』とあります。
また、出口には展示品の即売コーナーがあります。欲しくなるんです。何度でも行ってみたくなる展示会です。僕は多分行きます。
(キャプテンK)

開催期間は2014年10月19日(日)まで。入場無料(!)
なんと写真撮影もOK!
『デザイン物産2014』について詳しくはコチラ