以前、交通安全啓発の広報のお仕事に何度か携わりました。啓発広報で大切なのは、いかにして見た人がハッとするか。これがとにかく難しいです。スピードを出しすぎてはいけない、脇見運転は危険だ、というような情報はみんながすでに知識として知っていることであり、それを今さら言ってもなかなかハッとしません。

そんなとても難しい交通安全啓発で、素晴らしい手法を実践した事例がありました。

これは確実にハッとしますね。運転中にスマホを見ることがいかに危険か。身を持って感じることができたのではないでしょうか。

啓発広報もアイデア次第でまだまだ色んなことができるんだということを改めて感じました。
(N)