東京ガスのCM「家族の絆・母からのエール」篇への批判が相次ぎ、打ち切りになったことが話題になっています。

確かに展開としてはかなり衝撃的で、就活生が見ると色々感じるところがあるかもしれません。特に最後のシーンは・・・。
個人的にはオンエアで見た時からすごく印象的で、心に響いてくるとてもいいCMだと思いました。当然、批判する人はするでしょうが、ある程度それは想定していたのではないかと思います。ということは、想定以上の批判が来たのでしょうか。

でも、このCMのラストが「内定」だったら、まったく響かなかったと思います。ただの綺麗なCMで終わっていたと思います。

CMとしてのクオリティを高めたからこそ批判が相次いだ、という皮肉な結果に。今後もこのような世の中の動きに注目していきたいと思います。
(N)