山手線のドア付近のモニター画面に流れるキング・カズこと三浦知良さんが出演する「太陽のマテ茶」のCMは違うバージョンが続けて放映されてました。広告・放送業界では同一企業または商品のCMを続けて放送する指示をすることを『段積み』と呼びます。その段積みされていた別バージョンのCM映像がこちらの「カズ×シュラスコ×マテ茶」篇。

1982年から1990年までを過ごしたブラジル時代からカズさんが大好きで今でもよく食べるという南米の肉料理「シュラスコ」と一緒に「太陽のマテ茶」を飲み、肉料理によく合うその美味しさをカズさんならではの表現や言葉で語ります。本当に美味しそうにお肉やマテ茶を食されるんですよね。そこにはブラジルへの想い、サッカーへの想いが伝わってきます。
日本最年長のプロサッカー選手であり、1993年のJリーグ発足時からプレーし続けている唯一の現役選手であるカズさん。
「人間の生き様は顔に出る」といいます。
自分もカズさんのように“いい顔”をした男になりたいと思います。(キャプテンK)

「太陽のマテ茶」はFIFA World Cup 公式健康茶として、2014年 FIFAワールドカップブラジル大会を盛り上げています。
「太陽のマテ茶」について詳しくはコチラ