ネスレ日本と三陸鉄道は6月16日に、三陸鉄道開業30周年を記念して、三陸鉄道の全区間で使用できる『ネスレ キットカット ミニ 切符カット』を発売すると発表しました。
キットカット
80年近くにおよぶキットカットの歴史の中で、切符として使える商品を発売するのは世界で初めてのことらしいです♪
発売される『切符カット』には3枚のチョコレートが入っていて価格は税込108円。全国の鉄道系コンビニや東北地域のスーパー、コンビニなどで購入することが可能です。そして肝心の切符としての使い方は、『切符カット』のパッケージを駅の切符売場または下車時の運賃支払い時に車掌さんに渡すと、三陸鉄道全線・全駅区間の「190円分乗車券」として利用できるということです。以外と簡単♪
使用期間は2014年6月16日~2015年5月31日の約1年間。

東日本大震災で三陸鉄道は被災し、運行が危ぶまれてましたが、国や自治体などの支援を受けながら復旧活動を続け、今年の4月には3年ぶりに全線復旧しました。この『切符カット』は全線運行の再開を記念して、最後の復旧区間であった北リアス線の島越―田野畑 区間の乗車料金に相当する190円分の無料乗車券として使用できるように設定したようです。感動します。
ネスレ日本さんは東日本大震災からずっと、三陸鉄道「キット、ずっとプロジェクト」という復興支援活動を続けています。
キットカットを通しての被災地復興支援。今年も新しい花が咲きました。
素敵な取組みです♪(キャプテンK)

ネスレ日本×三陸鉄道「キット、ずっとプロジェクト」について詳しくはコチラ