2014-05-24 14.11.53
5月23日から25日の3日間、台東区南部・徒蔵エリアでモノマチというイベントが開催されていました。

このエリアの様々な企業やショップ、職人、クリエイターなどが参加して成り立っているイベントで、各企業やショップの前には「モノマチ」ののぼりやポスターが掲出されています。そして全体のマップには、参加企業やショップ名が掲載されていて、たくさんの人がマップを片手に街を歩き回るというイベントです。

こういった街全体を巻き込むイベントは最近多いと思うのですが、モノマチの特徴は、普段は一般消費者と全く接点がないBtoB企業の参加が多いことと、スタンプラリーの楽しさだと思います。スタンプラリーはスタンプが全く統一されていないというのが面白かったです。アーティスティックに作りこんでいるスタンプもあれば、芋版やゴム版もあり、お店や企業ごとに楽しめるのがとても魅力的でした。そしてそのスタンプを目的に、たくさんの人が普段はまず入らないであろう企業などに気軽にはいって、そこの人とお話をしたり、見学したり何かを体験したりするという非常に貴重な機会を提供するイベントでした。

ちょっとしたことですが、スタンプラリー用のノートがカスタマイズできるというのも面白さを増していました。最初は普通のノートなのですが、出店している印刷屋さんに行ったらそこに箔押ししてくれたり、ボタン屋さんに行って装飾したりと、色々な角度から楽しめるスタンプラリーになっていました。

ショップはともかく、出展企業にとっては直接的な売上には繋がりにくい思います。しかし、地域とのコミュニケーションや関係づくりという点では非常に意味のあることだと思いますし、まさにこれからの時代のまちづくりだと感じました。

(N)