ha002_1
鎌倉のお土産といえば鳩サブレー。その鳩サブレーの会社「豊島屋」さんが格好いいと話題になっています。

豊島屋は鎌倉の3つの海岸「材木座」「由比ガ浜」「腰越」のネーミングライツを取得していました。元々、年間100万円×3年以上という条件で募集されていたネーミングライツを、豊島屋は1200万円×10年というとんでもない金額で取得。そして、せっかく取得したネーミングライツを使わず、海岸名はそのまま「材木座」「由比ガ浜」「腰越」を使用すると発表しました。

地元に親しまれた名前をそのまま使う。そして変な名前をつけられないように、高額を支払って自社で権利を購入する。すごく鎌倉愛を感じますし、きっとどんな名称にするよりも企業としての好感度は高まり、パブリシティ効果もあったのではないかと思います。

(N)