最近TVの情報番組などで紹介されていたので知ってる方も多いと思いますが、千葉県流山市役所で2月14日から婚姻届ならぬ「恋届」の受付がスタートして反響を呼んでいます。
恋届
「恋届」とは、想いを寄せる恋のお相手(または恋人にしたいお相手)の名前と、『告白予定日』や『願い』『想い』を記入するものです。そして「恋届」は役所に提出するのではなく、役所に行って受付して書き込めば、本人がお守りのように所持するというのがユニークです。それと恋のお相手はアイドルや空想のお相手でも本人次第で自由に記入というのもゲーム感覚で、SNS世代にはマッチングしてるのかもしれません。
4月中旬時点で届出数は約9,300件を超えているとか(!)
やはり中心は10代~20代の若い人たちで、その約6割が流山市外から訪れているらしいです。
また、この「恋届」を受付る流山市役所の担当窓口は役所ではあまり聞き慣れない「マーケティング課」というところ。
民間企業みたいなネーミングですが、いわゆる「広報」窓口なんでしょうね。でもこういったネーミングひとつをあげてみても流山市が“新しいことをやっていきたい”という気分が伝わってきます。
実はこの「恋届」は流山市のフィルムコミッション事業の一環で、流山市内をメインロケとした映画「百瀬、こっちを向いて」(向井理 主演)の公開(明日5/10公開)に合わせた話題づくりに企画されたものですが、これまで接点のなかった若年層が流山市を知る契機になるという思わぬ相乗効果も生んでいるようです。行政も頭のやわらかさが必要ですね♪ (キャプテンK)

映画「百瀬、こっちを向いて」について予告編や詳しくはコチラ