2014月5月の記事一覧

今日と明日、ご当地キャラ69体がソラマチに大集合!!

2014/5/31 08:00

東京スカイツリーの「ソラマチひろば」や、近くの「大横川親水公園」そして「浅草通り(おしなり商店街)のステージ」に、本日5月31日(土曜)と明日6月1日(日曜)に日本全国から69体のご当地キャラクターが大集合します!その名も「ご当地キャラクターフェスティバルinすみだ2014」。
A3_program_表_20140512_2
スカイツリーの公式キャラクターである『ソラカラちゃん』を筆頭に、『ふなっしー』『くまモン』『バリィさん』など大人気キャラクターが総登場。まさにご当地キャラクターのオールスターイベントです♪

内容は各キャラクターによるステージパフォーマンスやご当地のPRブースの出展、地元商店街によるイベントなどお楽しみ盛りだくさんの2日間です。着ぐるみの中はとんでもなく暑いだろうなぁ~、がんばれご当地キャラクター!(キャプテンK)

「ご当地キャラクターフェスティバルinすみだ2014」のプログラムはコチラ

さよなら国立競技場「JAPAN NIGHT」のMVPは!

2014/5/30 08:02

5月28日開催の国立競技場最後の音楽イベント「JAPAN NIGHT ~MOVE WITH THE MUSIC OF JAPAN~」1日目『Yell for Japan』に行ってきました。
日本の音楽シーンを代表するアーティストの夢の共演に国立競技場が感動につつまれました! 
出演は、いきものがかり/ ウカスカジー(桜井和寿&GAKU-MC)/岸谷香/ゴスペラーズ/斉藤和義/ナオト・インティライミ/ファンキー加藤/ゆず/スキマスイッチ/音楽監督・亀田誠治 !!
JAPAN NIGHT
しかしこの日のMVPは・・・入場時に5万人の観客全てに配布された「ペンライト」だと思います。
53年間の人生で初めての経験をしました!配布された「ペンライト」は主催者側に一括管理されていて、灯がともるタイミングと消えるタイミング、そしてライトの色(7色はあったように思います)が一斉に施行されます。
競技場にいる5万人の手に持たれた「ペンライト」がイベントの演出としてとんでもない効果を発揮しました。多分演奏しているアーティストのテンションは上がるだろうし、ペンライトを持つ観客もイベントに参加しているという意識が高まり、おそらく感動指数はMAXに引き上げられたんだと思います。
これから多くの音楽イベントで使用されていくでしょうね。
国立ペンライト
人は初めての体験には興奮するというのをあらためて実感しました。
年齢は関係ないですね♪(キャプテンK)

注)会場内での写真撮影は禁じられてたので、たまたま見た朝の情報番組で映った場面をご参照ください。

やっぱり次元が違う一流芸人の凄さを体感!

2014/5/29 08:00

先日、念願の「鶴瓶噺」(つるべばなし)に行ってきました。
これは笑福亭鶴瓶さんによる一人トークライブ。今年で21年目となる鶴瓶さんのライフワークともいえる人気イベント。チケットがなかなか取り難いのでも有名です。
「鶴瓶噺2014」は東京・名古屋・福岡・大阪・福島の5ヶ所17公演。その東京凱旋公演に行ってきました。
EX記念パネル (2)
鶴瓶さんがたった一人でステージに立ちこの1年間にあったことを話す(もちろん過去のことも場合によっては取り混ぜますが)だけなのですが、これが凄いとしかいえないような内容なのです。芸です。芸術です。
聞いているものを一瞬で惹きつける話術の巧みさもあるのでしょうが、とにかく「笑福亭鶴瓶」という人間が引き寄せる『考えられないようなエピソード』の数が尋常ではないのです。そしてそれぞれの話に登場する一般人の名前やその時の状況について正確(多分)に記憶されていることにも驚きます。「本当にあったことが一番面白い!事実は小説より奇なり。」を披露していきます。
この瞬間自分は鶴瓶さんの1年間のドキュメンタリーを見てるそして聞いている感覚でいました。こんな芸は誰にもできないと思います。
オリジナルの、そして自分にしかできないものを持つ凄さ。
鶴瓶さんは現在62歳。自分より10歳年上ですが、2時間30分の間 ステージで立ちっぱなしで喋り続けます。その声も姿も最後まで全く変わりません。凄すぎる芸、いや「人間力」です。
来年も、そしてその次の年も、絶対行きたいイベントです♪(キャプテンK)
EXシアター前
追記 
今回のイベント会場は最近出来たところで、
自分も興味あったのでラッキーでした。
テレビ朝日が運営するEXシアター六本木。
イス席で1,000席くらい。音楽ライブのときなどはスタンディング仕様みたいです。
新しいからとにかくキレイ!入ったとき「新車」に乗ったときの匂いがしました♪

モノマチ

2014/5/28 08:00

2014-05-24 14.11.53
5月23日から25日の3日間、台東区南部・徒蔵エリアでモノマチというイベントが開催されていました。

このエリアの様々な企業やショップ、職人、クリエイターなどが参加して成り立っているイベントで、各企業やショップの前には「モノマチ」ののぼりやポスターが掲出されています。そして全体のマップには、参加企業やショップ名が掲載されていて、たくさんの人がマップを片手に街を歩き回るというイベントです。

こういった街全体を巻き込むイベントは最近多いと思うのですが、モノマチの特徴は、普段は一般消費者と全く接点がないBtoB企業の参加が多いことと、スタンプラリーの楽しさだと思います。スタンプラリーはスタンプが全く統一されていないというのが面白かったです。アーティスティックに作りこんでいるスタンプもあれば、芋版やゴム版もあり、お店や企業ごとに楽しめるのがとても魅力的でした。そしてそのスタンプを目的に、たくさんの人が普段はまず入らないであろう企業などに気軽にはいって、そこの人とお話をしたり、見学したり何かを体験したりするという非常に貴重な機会を提供するイベントでした。

ちょっとしたことですが、スタンプラリー用のノートがカスタマイズできるというのも面白さを増していました。最初は普通のノートなのですが、出店している印刷屋さんに行ったらそこに箔押ししてくれたり、ボタン屋さんに行って装飾したりと、色々な角度から楽しめるスタンプラリーになっていました。

ショップはともかく、出展企業にとっては直接的な売上には繋がりにくい思います。しかし、地域とのコミュニケーションや関係づくりという点では非常に意味のあることだと思いますし、まさにこれからの時代のまちづくりだと感じました。

(N)