4月17日、海外ドラマ「マイケル・J・フォックス・ショウ」の試写会が開催され、参加してきました。「マイケル・J・フォックス・ショウ」は4月25日から海外ドラマ専門チャンネル「スーパー!ドラマTV」で放送が開始されます。そのPRとして開催された試写会では、第一話と第二話が公開されました。

そして、ゲストとしてデーブ・スペクターさんとマイケルつながりでマイケル富岡さんが出席され、マイケル・J・フォックス・ショウの魅力について楽しく語っていました。

このマイケル・J・フォックス・ショウは、昨年9月からアメリカで放送が開始されました。パーキンソン病を患ったマイケル・J・フォックスが13年ぶりにテレビドラマにレギュラー出演するということで注目され、しかも作品の中でマイケルが演じる主人公は、パーキンソン病のために引退したニュースキャスター。当然ながらアメリカで大きな話題を巻き起こしました。

2話まで見ると、3話以降も見たくなります。単純に軽い気持ちで楽しむコメディではなく、色々なことを考えさせられるストーリー。ただ根本はやはりコメディで、すべてが明るく楽しく表現されています。本来、絶対に許されないような表現も随所に見られるのですが、それをマイケル・J・フォックスが演じるからこそ許される。そんな印象を受けました。

機会があればぜひ、ご覧ください。
詳しい情報はコチラ

(N)