2014月4月の記事一覧

富岡製糸場 世界文化遺産登録へ!

2014/4/30 08:00

IMG_87661
4月26日、ユネスコの諮問機関から「登録が適当」と勧告を受けた富岡製糸場。世界文化遺産に登録される見通しとなりました。

以前、群馬県の新聞に掲載する某クライアントの広告で「富岡製糸場の世界遺産登録を応援します」という表現を使ったことがありました。その時に、広告で使用する写真をお借りしようと、富岡製糸場に問い合わせをしたのですが、残念ながらこちらが思っている角度の写真がありませんでした。どうしようかと思案していたところ、対応してくれた富岡製糸場の職員の方がわざわざこちらの希望する角度で写真を撮影してくれました!

これまで色々な施設に写真をお借りする依頼をしてきましたが、ここまで親切に対応してくれたことはなく、とても感激したのを覚えています。入場者数が過去最高を記録するなど今はとても忙しいでしょうし、このような対応はもうできないと思いますが、きっとこのような人柄の職員の方々が積み重ねていったことも、世界文化遺産登録にどこかでつながっているのではないかと思います。

(N)

杉作J太郎の魔力?

2014/4/29 08:00

エンタクシー目次 (2)
扶桑社より不定期に刊行されている、超世代文芸クォリティマガジン『en-taxi』(エンタクシー)の4月23日発行版で、キャプテンKの盟友である天才・杉作J太郎氏が特集されています!
エンタクシー目次 (1)
特集タイトルが「杉作J太郎の魔力」。みうらじゅんさん、坪内祐三さん、春日太一さんといった文筆家たちが“魔力”を語ります。
杉作さんとのリアルなエピソードはどれもどこまでも濃い内容ですが、そこには杉作さんへの“愛”が溢れています。

自分も25年くらい前に、杉作さんの溢れる才能と人間的魅力にノックアウトされた人間です。
まだ「杉作J太郎」を知らない方には是非読んでいただきたい!
ただいま書店で絶賛発売中!本体価格819円+消費税。
また、この号には天才放送作家の高平哲郎さんによる特別寄稿「『いいとも』が終わるとしたら、それは新しい始まりだと思っていたのに」も記載されています。
これはお得で価値ある一冊です♪
(キャプテンK)

「人生で一番おいしい鮨」

2014/4/28 08:00

先日来日したアメリカ合衆国・オバマ大統領の言葉です。
安倍首相とオバマ大統領が私的会食をしたことで一躍話題となった5年連続で「ミシュランガイド」
三ツ星を獲得している銀座の鮨店「銀座すきやばし次郎」。
映画二郎
予約は何年も先まで満席とか、メニューは一人3万円からのおまかせコースのみとかということばかりにマスコミは騒ぎ立てています。
実は2013年2月にアメリカ人映画監督による「銀座すきやばし次郎」に最も迫ったドキュメンタリー映画『二郎は鮨の夢を見る』が東京で公開され自分も見ていました。なぜずっと先まで予約でいっぱいなのか?なぜ3万円からのおまかせコースだけなのか?これを観れば理由がわかります。「二郎」というのは「銀座すきやばし次郎」の店主・小野二郎さん(87歳)のことです。
小野二郎さんの仕事に対する誠実さと情熱が、見ている自分の心と身体を熱くしたのを覚えています。

この機会に是非多くの皆さんに観ていただきたい作品です。
現在、DVDやブルーレイが発売されていて、レンタル店にも置かれていると思います。
また、東京だけなのですが「オバマ大統領来日記念」としてTOHOシネマズシャンテにて5月2日から緊急上映(レイトショー)が決定しました。詳しくはコチラ

これぞ元祖“COOL JAPAN”であり“REAL JAPAN”だと思います。
最後に映画のコピーが素敵なので記載します。
「シンプルを極めると、ピュアになる」

(キャプテンK)

瀬戸内海賊物語

2014/4/27 08:00

kaizoku
2011年に開催された「瀬戸内国際こども映画祭2011」で行われたエンジェルロード脚本コンペでグランプリに輝いた『笛の伝言-瀬戸内海賊物語』が映画化され、2014年5月31日から全国公開されることとなりました。小豆島を中心としたオール瀬戸内海ロケ!瀬戸内の魅力がたっぷり詰まった作品とのことで、注目です。

ストーリーはかつて瀬戸内海に実在した「村上水軍」の子孫の子どもたちが宝探しに奔走するというアドベンチャー作品。先日本屋大賞に輝いた「村上海賊の娘」といい、村上水軍への注目が増しているのでしょうか。

作品の詳しい情報はコチラ