最近、広告の目的を改めて考える機会がありました。もちろん、広告の目的は企業または商品の売上を上げることだと思います。しかし、本来はその先にある目的も考えなければいけないのだと感じました。

企業活動には必ず社会的責任や社会貢献が伴うはずです。「社会の◯◯に貢献したい」という理念があって企業活動は成り立つはずです。そして広告も、売上を上げることだけではなく、その企業の理念を表現することが大切なのではないかと思います。それが結果として売上につながっていく。

理想論ではありますし、現実的にはなかなかそうもいきませんが、昨年カンヌ広告賞でグランプリを受賞した「Dove」のCMは、社会的責任を見事に果たしているCMだと思います。「Dove」は、美しさが悩みの種ではなく、その人の自信の源となるような世界を築くことをブランドのミッションとしているそうです。それがこのCMで表現されています。

考えだすと本当に難しいテーマですが、意識は続けていきたいと思います。
(N)