情報セキュリティー会社であるデジタルアーツ株式会社が3月10日に未成年者携帯電話・スマートフォン使用実態調査の結果を発表しました。
小学校高学年の37.9%がスマホを所有しており、所持率は年齢ともに上昇、男子高校生は80.6%、なんと女子高校生では95.1%に達しました。
女子高生
そして気になるスマホや携帯の1日の平均使用時間は、中学生が男女とも1.8時間、男子高校生は4.3時間。これに対して女子高校生は平均で6.4時間!
さらに6時間以上が4割を超えていて、うち12時間以上という回答も1割を超えています。
当然ここから考えられるのが日々の生活への影響ですが、
当然「ながら」利用が多くの時間行われているようです。
女子高校生への調査では「テレビを見ながら」利用が74.8%!そして驚くことに「ご飯を食べながら」利用が38.8%という結果が出ました。
若年層の“ネット依存”がとても危惧され心配です。
(キャプテンK)

デジタルアーツのプレスリリースはコチラ

未成年者携帯電話・スマートフォン使用実態調査はコチラ