先日、「ソーシャルプロダクツ・アワード2014」の受賞商品&サービスが発表されました。
「ソーシャルプロダクツ」とは、企業および他の全ての組織が、生活者のみならず社会のことを考えて作りだす有形・無形の対象物(商品・サービス)のことで、持続可能な社会の実現に貢献するものです。(ソーシャルプロダクツ普及推進協会)

具体的に言えば、「エコ(環境配慮)」「オーガニック」「フェアトレード」「寄付」「地域の活力向上」「伝統の継承・保存」「障がい者支援」「復興支援」などに関する人や地球にやさしい商品・サービスの総称で、生活者がその書品を購入したりサービスを利用することで、よりよい社会づくりへの参加(社会貢献)が可能なもののことです。
そして2014年度の「社会性×商品性」を持った商品・サービスの表彰である「ソーシャルプロダクツ・アワード2014」には大手・中小企業からベンチャー、NPOまで幅広いエントリーの中から日本とタンザニアをつなぐものから奈良や青森の地域資源をフル活用したものまで、さらにカテゴリーとしては食品や家具といったものからサーフウェアにいたるまでの幅広くバラエティ豊かな33点が選ばれました。受賞商品およびサービスの一覧はコチラ

和える

写真は、受賞商品から全国各地の職人さんが子供たちのためにつくった【0から6歳の伝統ブランド aeru】こぼしにくいシリーズ(「こぼしにくい器」「コップ」「スプーン」)

このあと、受賞商品・サービスの中から3月4日にソーシャルプロダクツ大賞と特別賞が発表されます。そして受賞作品の展示会が東京(3月5日~16日)、大阪(3月20日~23日)で開催されます。
詳しくはコチラ

どうせ使うなら、どうせ利用するなら、社会を良くする商品・サービスを選びたい♪

(キャプテンK)