2014月2月の記事一覧

【勝手に広告】ネットショッピングで、東北の被災校支援を!

2014/2/28 08:00

前にも一度紹介させていただいた東北復興支援プロジェクト
『ウェブベルマーク』のご案内です。
ウェブベルマーク
『ウェブベルマーク』はネットでいつものように買い物をするだけで支援金が生まれる、新しい東北支援の仕組みです。
あなたは1円も支援金を負担する必要がありません。
ウェブベルマークしくみ
今でも東北の被災校の復興は大きく遅れています。仮校舎の母校を卒業していく子どもたちもたくさんいます。
少しでも支援をしたい気持ちがある人にとって、『ウェブベルマーク』はそれをはじめる最も無理のない方法です。
子どもたちの豊かな学校生活のために、どうか登録をお願いします!

日本が前向きに動き始めた今、東北の未来もまた力強く輝かせていきたい。
それは、私たちの心からの願いです。
みんなで長く支援を続けていくこと。それが、私たちにできるすべてなのです。
(『ウェブベルマーク』広告コピーから引用)

平成26年2月28日 午前8時現在の
総支援金額 94,053円
同 現在の会員数 6,487人

できるときに、できるひとが、できることを。
とめちゃいけない。東北の子どもたちへの支援。(キャプテンK)

※『ウェブベルマーク』についての詳細と会員登録はコチラ

がんばる中小企業・小規模事業者・商店街を見に行こう!

2014/2/27 08:00

経済産業省は、革新的な製品開発、サービスの創造や地域貢献・地域経済の活性化など、さまざまな分野で活躍している中小企業・小規模事業者・商店街の取り組み事例として「がんばる中小企業・小規模事業者300社」と「がんばる商店街30選」を平成25年12月25日に選定しました。それに伴って、独立行政法人中小企業基盤整備機構が、経済産業省中小企業庁と連携して、選定された中小企業・小規模事業者約180社によるブース出展や試飲・試食、選定商店街のパネル展示、識者を交えたパネルディスカッションなどで一般に情報発信して公開するフォーラムを開催します。

名称)がんばる中小企業・小規模事業者・商店街フォーラム
日時)3月3日(月)13時~17時、3月4日(火)10時~16時30分
会場)グランドプリンスホテル新高輪 国際館パミール3F
   入場無料
※フォーラムについて詳しくはコチラ
香川染
セーラーマンのベースエリアからも●ものづくり部門=光軽金属工業(岡山)・アクト(徳島)・大川原染色本舗(香川)・ユースエンジニアリング(愛媛)●地域活性化部門=ステップコミュニケーション(愛媛)●サービス・小売等(試飲・試食)部門=牡蠣の家しおかぜ(岡山)・みゆきやフジモト(岡山)・市岡製菓(徳島)・企業組合ごめんシャモ研究会(高知)●商店街パネル展=観音寺商店街(香川)・松山ロープウェー商店街(愛媛)・天神橋商店街(高知)
が出展、展示されます♪
写真は「讃岐のり染のトートバッグ」(大川原染色本舗)と「ごめんシャモ肉すき焼き」(企業組合ごめんシャモ研究会)
ごめんシャモ

日本を代表する元気な中小企業や商店街に会いにいきましょう!
(キャプテンK)

どうせなら社会を良くする商品を買いたい!

2014/2/26 08:00

先日、「ソーシャルプロダクツ・アワード2014」の受賞商品&サービスが発表されました。
「ソーシャルプロダクツ」とは、企業および他の全ての組織が、生活者のみならず社会のことを考えて作りだす有形・無形の対象物(商品・サービス)のことで、持続可能な社会の実現に貢献するものです。(ソーシャルプロダクツ普及推進協会)

具体的に言えば、「エコ(環境配慮)」「オーガニック」「フェアトレード」「寄付」「地域の活力向上」「伝統の継承・保存」「障がい者支援」「復興支援」などに関する人や地球にやさしい商品・サービスの総称で、生活者がその書品を購入したりサービスを利用することで、よりよい社会づくりへの参加(社会貢献)が可能なもののことです。
そして2014年度の「社会性×商品性」を持った商品・サービスの表彰である「ソーシャルプロダクツ・アワード2014」には大手・中小企業からベンチャー、NPOまで幅広いエントリーの中から日本とタンザニアをつなぐものから奈良や青森の地域資源をフル活用したものまで、さらにカテゴリーとしては食品や家具といったものからサーフウェアにいたるまでの幅広くバラエティ豊かな33点が選ばれました。受賞商品およびサービスの一覧はコチラ

和える

写真は、受賞商品から全国各地の職人さんが子供たちのためにつくった【0から6歳の伝統ブランド aeru】こぼしにくいシリーズ(「こぼしにくい器」「コップ」「スプーン」)

このあと、受賞商品・サービスの中から3月4日にソーシャルプロダクツ大賞と特別賞が発表されます。そして受賞作品の展示会が東京(3月5日~16日)、大阪(3月20日~23日)で開催されます。
詳しくはコチラ

どうせ使うなら、どうせ利用するなら、社会を良くする商品・サービスを選びたい♪

(キャプテンK)

【セーラー広告東京支社スタッフ紹介⑥】細谷社員(後篇)

2014/2/25 08:00

hosotani
本日は6人目のスタッフ紹介、細谷社員の後篇です。

仕事を勢いでどんどん進めていく細谷くんですが、プライベートもその勢いは顕在です。彼のスケジュールは、仕事が終わった後の夜も、休みの日もビッシリ!家にいるのは本当に寝る時だけなのかもしれません。

そして彼はサーファーです。さすがにこの季節はおとなしくしているようですが、シーズンになると毎週のようにどこかの海へ繰り出しています。そんな彼には、もっとサーフィンを世の中に受け入れてもらい、メジャーなスポーツにしていきたいという思いがあるそうです。サーファーというと「チャラい」というイメージがあるかもしれません。しかし彼に言わせると、サーファーは海から帰る前に海岸のゴミ拾いをするなど、スポーツとしてまじめに取り組んでいる人がほとんどで、「チャラい」というのは単なる偏見だとのこと。

サーフィンのことになると熱く語りだす細谷くん。仕事もプライベートも常に全力というスタンスは、東京支社の活力になっています。これからも変わらず、突き進んでほしいと思います。

(N)