shimizu2
本日は【東京支社スタッフ紹介】清水次長の後篇をお届けします。

前篇では「頼れる兄貴」としての清水次長をご紹介しました。そんな頼れる清水次長が、お酒の席では「宴会部長」に変身します。

宴会部長という言葉自体はよく聞きますが、私が本物の宴会部長を見たのは清水さんがはじめてかもしれません。普段のキリッとした表情が満面の笑顔に変わり、「左手でグラスを持って〜、右手を上にあげて〜、かんぱ〜い!」と大きな声で音頭をとりはじめます。宴会を盛り上げることに関して右に出る人はいないと思います。

しかし酔っ払っても清水さんはやっぱり「頼れる兄貴」です。以前、先輩が東京出張に来て酔いつぶれてしまったことがありましたが、清水さんは眠ってしまったその先輩をホテルに送り届け、スーツのズボンを脱がせてプレッサーにかけて帰って行きました。

飲んでキャラが変わっても、やっぱり頼れる兄貴。東京支社の「兄貴」をこれからもよろしくお願いします!
(N)