もうすぐ東日本大震災から丸3年を迎えようとしています。
「忘れらることが一番怖い」被災地の多くの声です。
東京や四国を行き来していても、もう復興は終わったと思ってる人が意外と多くいることに愕然とします。例えればきりがないほど多くのコトやモノや心の痛みはあの時のままです。
SAMSUNG
被災地の想いを「忘れないカタチに」それぞれの場所で、場所はあなたの部屋でいいんです。
毎月11日にキャンドルに明かりを灯して、Facebookを通して、東北から日本を世界を繋ぎましょう!

「決して忘れない。」
想いだけでも届けてほしいと思います。

この素晴らしい取り組みは「ともしびプロジェクト実行委員会」によって主催・運営されています。まずは活動状況を見てください♪

HPは⇒コチラ
Face bookページは⇒コチラ

(キャプテンK)