タイには3,000万人のLINEユーザーがいるそうです。そんなタイでLINEが行なった「LINEエピソード募集キャンペーン」で集まったエピソードのひとつがCMになっています。

泣けるCMとして話題になっていますが、本当に感動するいいCMだと思います。また、創作ではなく実話をもとにしたという背景があるからこそ、LINEの良さをより強く印象付けることができています。

エピソード募集自体は多くの企業で実施されている手法です。応募時に商品のことをしっかり考えてもらうことができ、それを通して好感を得られるというメリットがあります。しかしそれ以上に、そのエピソードをその後どう活用するかが非常に重要になってきます。そういう意味でも、とても参考になるいい事例だと思います。(N)