9月21日朝5時30分東京・八重洲に集合で5時40分発の
JTBバスツアーで福島・猪苗代へ!!
SAMSUNG
福島を忘れないでもらうため。
支えてくれる全国の人たちに「ありがとう」を伝えるため。
全国にいる福島から避難をしている人たちに会うため。
福島に住む人たちがそこにでかける小旅行のきっかけとなるように。
大きな苦難を乗り越えてきた地を、先輩方を、ちゃんと知るために。

そのすべてを繋ぎひとつになるためのコンサート
<風とロックLIVE福島CARAVAN日本>
(福島・沖縄・札幌・長崎・東京・神戸・広島・宮城・岩手)のファイナルを飾る
『風とロック芋煮会2013』(9月21日・22日:猪苗代スキー場ミネロ)に参加するために。

被災地に心を寄せ続けるミュージシャンが放った音と言葉は、
東日本大震災と東京電力福島第一原発事故からの復興を目指す福島県民に
勇気と力を与えたと福島民報は22日付けの号外で伝えた!
SAMSUNG
「怒髪天」に拳を突き上げ、跳んで、合唱した日差しのまぶしいスキー場。
「猪苗代湖ズ」の紅白歌合戦でも演奏した代表曲「I love you & I need you ふくしま」を
今まで出したことのないくらい大声で共に唄った夜。
何もかもが忘れられないシーンとして52歳の心に刻まれていく。
SAMSUNG
そして初めて見た猪苗代湖はとても美しく、
澄み切った空の下、深緑の山の麓にキラキラと光っていた。
SAMSUNG
この風景をこの空気をずっと守っていきたいと
ここに住む人たちの安全と幸せを守りたいと
素直に思った・・・(明日、後編へ続く)

(キャプテンK)