spセーラーマンEASTの航海士Nです。

最近、インターネット広告の会社や媒体社、WEB制作会社の方から頂く資料に
“SP”という文字が入っています。
「SP対応」や「SP利用者の◯◯%が・・・」など。
文脈や話の流れからスマートフォン(Smart Phone)のことだと分かります。

しかし私たちの業界で“SP”というと、
まずセールス・プロモーション(Sales Promotion)。
いわゆる販売促進のことが思い浮かぶと思います。

そして一般の方に聞くと、セキュリティ・ポリス(Security Police)が今は多いですね。
あとはスペシャル(Special)をSPと表現することもあります。

省略して格好よく言いたいのはわかるけど、
これだけ色んな意味があると、非常にややこしいですし、誤解される可能性も・・・。

日本一分かりやすい広告会社を目指す私たちは、
まずこうした言葉の使い方に気をつけていくことが大切だと改めて思いました。

SP(スマートフォン)向けの広告やサイト制作、
SP(セールス・プロモーション)の企画・制作に関する
ご相談・お問い合わせはコチラ(^^)