都市圏では第5のマスメディアと言われている交通広告。
しかし、鉄道の車内ではみんなスマートフォンを見ていて、
「交通広告は届いているのか」という声をよく聞くようになりました。

DSC02824

そんな中、業界団体が中心となり、広告効果の調査を進めています。

その結果、交通広告の平均到達率は約42%、
そして広告を見た後の行動として10%近くが「スマホで検索」しているそうです。

スマートフォンによってむしろ効果があがっている側面もあるようです。

また、交通広告のコスト効率や到達率を示す基準値も整備されてきています。

交通広告も次のステージに進み、新たな価値が生まれています。

(N)