東日本大震災、福島原発事故から5年になります。弁護士会館
被災地の復興は道半ばであり、多くの避難者がかつての生活を取り戻すことができず、困難な避難生活を強いられています。
ただ、5年の年月は確実に震災や事故を風化させているのも事実です。

東京弁護士会、第一東京弁護士会、第二東京弁護士会では「あれから5年」をテーマに被災地の現状を、39名の著名なカメラマンによる写真展示を通じて、被災地の復興への想いを伝えています。

『あれから5年 3.11 東日本大震災写真展』は東京・千代田区の弁護士会館1階エントランスホールで3月10日まで開催中です。
(入場無料)

「わすれてはならないことがある。」
(キャプテンK)