食を通じて農林漁業の大切さを伝え、高校生の夢を応援し、地域を盛り上げ日本を元気にすることを目標に、農林水産省が主催となり、若者に食や農業のキッカケを作る活動を行っている「ギャルのカリスマ」藤田志穂さんが立ち上げた「食の甲子園」ともいえるプロジェクトが『うまいもん甲子園』です。うまいもん甲子園

全国の高校生を対象に、ご当地食材を使ったオリジナルレシピを開発・調理・プレゼンテーションで競い合う料理コンテスト。

昨年実施した第4回大会で優勝したのは北海道エリア代表の北海道帯広南商業高等学校の「とんチャパ」という作品。
2月9日から全国のファミリーマートで発売中!
そのほか、各地区代表の作品は各地区で限定販売されています。

素敵な取り組みですね♪
セーラー広告東京支社は『うまいもん甲子園』を勝手に応援しています!
(キャプテンK)

『うまいもん甲子園』の公式サイトはコチラ