この付箋でいっぱいになった文庫本は、もちろん僕の私物です。ボール

糸井重里さんが書いた膨大な原稿のなかから、
行く道を明快に照らす短いことばを厳選(文庫本帯より)した
『ボールのようなことば。』(東京糸井重里事務所・発行)です。

冊子のコンセプトは若い世代への人生の道しるべ。
珠玉の凄いことばたちのなか、50代の自分にぐっとくることばにだけ付箋を貼っておこうと思ったら
想定以上の数になってしまいました。

糸井さんのことばたちは
迷っている僕の肩をそっとおしてくれます。
暗い道にちょっとだけ灯りをともしてくれます。
そしてやさしくしかってくれてもいます。

「ボールのようなことば」

ボールはすべてのはじまり。
そんな糸井さんの人生の矜持を堪能してください。
(キャプテンK)