共同通信社が主催する「内外情勢調査会」8月全国懇談会の講師は、菅 義偉 内閣官房長官でした。内外2
『安倍政権が目指す政治』という題目で1時間の講演。

「今の日本にはとにかく“強い経済”が必要である。安倍政権は経済再生と財政の健全再生を最優先で実行する政権である。」と力強く述べられてました。

小柄で穏やかな表情の菅 官房長官ですが、演台に上がり聴衆に語りかけている姿はとても大きく見え、すごい迫力を感じました。
これが本物の、大物のオーラなのかと実感した次第です。

そしてなによりも菅 官房長官が醸し出す空気感から「全く隙のないひと」と感じました。
官房長官といえば総理大臣に最も近くで支える内閣の大黒柱。
安倍政権の安定さはやはりこのひとの存在が大きいのだとあらためて思います。

菅 義偉 内閣官房長官は甘いものとめん類が好きで、お酒は飲めないようです。
趣味は渓流釣りとウォーキング。学生時代は空手をやられてました。
好きな言葉は「意志あれば道あり」。素敵な言葉です。
菅 官房長官にとても興味を持ちました♪
(キャプテンK)