『広告電通賞』は、1947年に広告界の社会的・文化的水準の向上を目的として創設された
日本で最も歴史ある総合広告賞です。ADMT1

今年で第68回になる本広告賞8種27部門の受賞作品61点を前期(8月6日~30日)と後期(9月2日~26日)に分けてアド・ミュージアム東京で展示開催です。

2015年、広告活動を通じて最も優秀な成果をあげた企業として、最高賞「総合電通賞」に「パナソニック株式会社」が選ばれました。
乾電池の動力だけで走るオリジナル電車を作成し、電車そのものを広告媒体として機能させることに成功した「乾電池エルボタ」が「アウトドア広告電通賞」を獲得したほか「ラジオ広告」「新聞広告」「雑誌広告」など合わせて8つの賞を受賞しました。

日本の広告クリエイティブの歴史と称される『広告電通賞』。
その優れた企画力、表現力が発揮された広告作品の数々。
公式サイトでは受賞作品の映像や音声など詳しく見ることができます。
是非、ご覧ください!
(キャプテンK)

『広告電通賞』の公式サイトはコチラ