東京都現代美術館で開催中の「山口小夜子 未来を着る人」展にもう一度行ってきました。小夜子展小夜子映画
前回時間切れ(閉館時間)で見逃してしまった山口小夜子さんの展示映像を見るために。
映像は晩年の実験的な朗読パフォーマンスと、山口小夜子をイメージした作品。
どちらも強い衝撃を受けました。

晩年、「ウェアリスト(着る人)」と名乗った日本を代表するスーパーモデルは、
「演劇もダンスも朗読も音楽も、それぞれ役を『まとい』、踊りを『着て』、言葉を『着る』、音楽を『まとう』という観点でとらえると、私の中で違和感なく表現に結びつけることができるのです」と語っています。山口小夜子は山口小夜子でしかありません。その存在感に圧倒される展覧会です。明日28日まで。

今回、展覧会場で嬉しいニュースがありました。
山口小夜子さんのドキュメンタリー映画『氷の花火』の今秋公開が決定しました!
この日は入場券もフォトチケット(山口小夜子さんの写真がチケットになってる!)をもらえたり素敵なことがいっぱい♪
気持ちが伝わったのかな?
(キャプテンK)

『氷の花火/山口小夜子』の公式サイトはコチラ