国民的アーティストといて活躍する、さだまさしさんは中学入学と同時にヴァイオリン修行のために単身上京して、中学3年生の時から約20年間を千葉県市川市で暮らしました。さださん1さださん2

青春の思い出の地・市川は、まさに長崎に次ぐ第二の故郷であり、シンガー・ソングライターとしての出発点ともいえる場所なのです。
その市川市で『さだまさしミュージアム』が開催中です。
(7月26日まで)

本人直筆の譜面や原稿などの貴重な資料をはじめ、楽曲や小説に関する作品を展示。さらに市川ならでは展示物として、デビュー当時に住んでいたアパートの部屋を再現されているのは見どころです。

メイン会場の「芳澤ガーデンギャラリー」が緑に囲まれたなんとも素敵な場所でさださんの世界観を引き立てます。
ゆっくりとさださんの魅力を味わえるひとときをいかがですか?
おすすめの大人のお散歩スポットです♪
(キャプテンK)

『さだまさしミュージアム』について詳しくはコチラ