先週、幕張メッセで行われたインターネット技術に関する展示会『INTEROP(インターロップ)』に行ってきました。幕張1幕張2
なかでも身近な暮らしの場面で、あらゆる機器をインターネットでつなぐサービス「Internet of Things(I o T)」に注目です。
そのサービスの起点になるのがスマートフォン(スマホ)です。

『INTEROP』では“ホリエモン”こと堀江貴文さんが「I o Tで世の中が変わるのか!?」というテーマで講演されました。
堀江さんによると、とにかく2007年にiPhoneが登場し「スマホ革命」と呼ばれるくらい短時間で世の中に浸透した効果は計り知れない。
そして「スマホ革命」は商品やサービスやビジネスを変えるというだけではなく、間違いなく古い倫理観や道徳観までも変えていくと断言してました。
そんな未来(そんなに先じゃない)が楽しみであると同時にとても恐ろしくも思いました。

堀江さんの話を初めて聞いたのですがとても説得力があり、存在感もすごかったです。
オーラをまとってました♪
(キャプテンK)