「本気で人のために働くヤツなんていんの?」
ビートたけしさんの強烈なセリフが印象的なソニー生命のTVCM。
新しい企業キャンペーンが始まりました。

キャッチコピーは「ホンネで話す価値がある。」
人の幸せとは何か、生きることとはどういうことか、そして「死」についてなど、ビートたけしさんならではの言葉で、ズバッと「人生観」や「死生観」を語ります。
ソニー生命への挑戦状ともいえるたけしさんならではのホンネも炸裂した真剣勝負のTVCMです。
どこまでがコピー(=広告)で、どこまでがたけしさんの言葉(=ホンネ)なのか。
境目がわからないところがこのCMの魅力です。

死ぬのがこわいなんてさ、ちゃんと生きてない証拠だとオイラ思うよ。
できること、やることやってたらさ、それで満足でしょう?
(ビートたけし)

たけしさんにはモノクロがよく似合う。
こんな大人になりたいです。
(キャプテンK)

『ソニー生命 企業キャンペーン』のスペシャルサイトはコチラ