共同通信社が主催する内外情勢調査会5月の全国懇談会の講師は内堀 雅雄・福島県知事。内堀知事1
「FUKUSHIMAの未来」と題した講演で、福島の現在と課題、そして未来への希望を熱く語られました。

内堀知事の講演を聞くのは今回で2回目なのですが、とても語り口がソフトな方で、温厚で誠実なお人柄が表れてます。また、昭和39年(1964年)生まれということなので51歳という大変お若い知事です。

大震災と原発事故からの復興という大きな問題をかかえながらも決して下ばかりを見ず、新産業の創出や若い人材の育成など内堀知事の目は上を目指して希望に満ちあふれています。
未来を切り拓くキーワードとして挙げられた「同志」と言う言葉。僕は強く噛みしめています。
セーラー広告 東京支社は福島を応援しています!

そんななか福島の一大観光キャンペーン『ふくしまディスティネーションキャンペーン』は予想を遥かに上回り大盛況らしいです。

福が満開、福のしま。
2015年6月30日まで開催中です!
さあ、福島に行こう!(キャプテンK)

『ふくしまディスティネーションキャンペーン』公式サイトはコチラ