主人公が世界一のパティシエを目指すNHK連続テレビ小説「まれ」の影響もあって今またスイーツが大人気です。自由が丘スイーツといえば東京では自由が丘が最もホットな場所となっています。

その自由が丘の春(GW)の定番イベント『自由が丘スイーツフェスタ2015』に行ってきました。
イベントの中心である駅前特設ステージには本物の「お菓子の家」が出現!高さ2.8m(!)で、素材は本物のクッキー、マカロン、ドーナツそして自由が丘名物の亀屋万年堂さんの銘菓「ナボナ」を使って建てられました。

今、世の中的には「リアル」なものが求められています。
「リアルタイム」なものとしてインターネットはもちろん、テレビも生放送が多くなっています。
「リアルステージ」として音楽のライブイベントの躍進と活況。
そして今回のような「リアルサイズ」な「お菓子の家」。大変な人気でした♪

「お菓子の家」があるこのイベントは明日6日まで開催中です。
百聞は一見にしかず!イベント終わったら解体したお菓子の家はスタッフで分けるのでしょうか?
ちょっと気になります♪(キャプテンK)

『自由が丘スイーツフェスタ2015』について詳しくはコチラ