日本を代表する写真家、アラーキーこと荒木経惟さんの写真展『男-アラーキーの裸ノ顔-』が4月24日から5月6日まで表参道ヒルズで開催されてます。アラーキー1アラーキー2たて

これはアラーキーが月刊誌「ダ・ヴィンチ」の巻頭連載企画「アラーキーの裸ノ顔」で1997年から現在にいたるまで17年間にわたり作家、俳優、映画監督、スポーツ選手、ミュージシャンなど幅広い分野で活躍する時代の寵児200人以上を撮りおろしてきた人気シリーズです。
そして今回「ダ・ヴィンチ」創刊20周年記念事業として、これらをまとめた写真集の刊行(絶賛発売中~♪)と写真展の開催が行われたようです。アラーキーはデジタル全盛の現在、この連載の撮影はフィルムでの撮影にこだわりつづけています。

会場では一枚一枚印画紙に手焼きしたアナログプリント全207点が初公開(!)されてます。
また写真展の入口を入ったところには1997年記念すべき連載第1回を飾った「ビートたけし」と2014年12月末に撮影された「北野武」の二人のたけしさんの超大型写真が並び圧巻です!
そして2014年12月末に本企画のために行われたアラーキーと北野武さんとのフォトセッションの様子が上映されていました。二人の天才の真剣勝負を垣間見れる凄いサプライズです!

モノクロームの「顔」にあらわれる「男」の物語。アラーキーの撮る「男の顔」には、「男」の過去や未来そして現在進行形も含めてすべての人生が透けて見える。
荒木経惟さん写真家人生とポートレート作品の集大成となる歴史的価値の高い展覧会を見逃すな!!
なんと驚くことに入場無料!アラーキー、「男」だ!
(キャプテンK)

荒木経惟写真展『男-アラーキーの裸ノ顔-』について詳しくはコチラ