詩とアートを組み合わせた展覧会『NHKハート展』が東京・渋谷 東急百貨店本店で開催中です。ハート展本

『NHKハート展』は障害のある人がつづった詩に託された思いを、ボランティアで参加した著名人やアーティスト(井上真央さん、又吉直樹さん、若田光一さん、佐藤可士和さん等50人)が、ハートをモチーフに表現したアート作品の展示会で、今回で20回目になります。
たくさんの応募の中から選ばれた50編の詩がアートと出会い、あたたかな世界を創り出しています。
展覧会場では一作品ごとに見入り、心を揺さぶられます。
僕も年齢のせいでしょうか、途中 感極まって涙がでそうになった作品もありました。
「ひとの愛」を感じる素敵な展覧会です。

これらの作品群を部屋でいつでも手に取れるようにと「作品集」を購入しました。アラーキーこと写真家・荒木経惟さんが撮影した作詩者のポートレート(これはアラーキーの作品?)も収録されていたのも魅力でした。

東京での展覧会は4月28日まで(入場は無料)、その後は全国各地を巡回します。
巡回の詳しいスケジュールや展示作品は公式サイトで見ることができます。
お近くに来た際はぜひご覧いただきたいと思います。おすすめです。

詩からアートへ。ともに生きる。
あったかいんだから♪(キャプテンK)

『第20回 NHKハート展』の公式サイトはコチラ