先日、高松に帰ったときにJR高松駅のバスターミナルで目が釘付けになったものがあります。カナクラ2
車体の前後左右にお坊さんコスチュームのかわいい萌え系(?)女の子イラストが入った路線バスです。とても目立ちます。
このキャラクターは香川県に本拠を置く「お仏壇のカナクラ」(株式会社カナクラ)の「カナちゃん」です。
モータリゼーションが発達した地域にはこのような路線バスへのラッピング広告(車体を包み込むような全面広告)は広告媒体としてとても有効だと思われます。
ただ、多くの通行利用者がいる路線かどうかが効果の分かれ道だともいえます。
そういう意味で、カナクラさんのラッピングバス路線は利用者の多いルートで、事実「バスを見ました」ということで来店されるお客様も多いとお聞きします。
2012年4月からの運行開始と聞いているので今年で4年目に入ります。「カナちゃん=お仏壇のカナクラ」の認知およびブランド訴求も進んでいると予測します。

実はこのラッピングバスはセーラー広告 高松本社がお手伝いさせていただいてます。
担当は中野秀基係長です。その的確で誠実な仕事ぶりはお客様にとても信頼されています。
同僚としてとても頼もしく思えます♪

お仏壇のカナクラさんは来る5月16日・17日 サンメッセ香川で工場直売市『カナクラ祭り』を開催します。イベント多数実施予定。詳細は公式サイトで準備アップされると思いますので要チェック!
(キャプテンK)

『お仏壇のカナクラ』の公式サイトはコチラ