国内外の諸情勢について知識の向上と理解の増進を図ることを目的に時事通信社さんが作った一般社団法人 内外情勢調査会の3月全国懇談会が「特別版」として開催されました。増田さん資料1増田さん資料2

演題は『地方創生を考える』。通常は講師が1名なのですが、今回は「特別版」ということで3名の講師が登場しました。
まずは前川喜平 文部科学審議官による「文部科学省における地方創生の取組」と題して、地方創生は「まち・ひと・しごと」。その中でも「ひと」が大事であると強調しました。
引き続き中村智彦 神戸国際大学経済学部教授による「中小企業経営者の考える地域振興」という演目では、地方創生はコンサルなど他人任せにせず自分たちで考えることの大切さを熱く訴えました。
そして最後は「地方消滅」という衝撃的なレポートで話題の増田寛也 元・総務大臣による「地方創生を考える」では人口減少のメカニズムから脱却するためには、地方の地元を支える人材を育て支援することが大切であると力説。

今回の特別講演は三者三様とても主義主張が明確でとても面白く「地方創生」を考えるうえで非常に役立つ内容でした。
やはり「ひと」なんですね。

増田寛也さんの講義で地方の魅力的なまちづくりの成功事例としてわがホームタウンである香川県高松市の商店街が紹介されたことはとても嬉しかったです。
セーラー広告もお手伝いをさせていただいてます。

セーラー広告は「地方創生」を全力で応援しています!
(キャプテンK)