3月11日。東日本大震災から4年を迎えた日に福島県喜多方市に小泉純一郎 元首相の講演会に行ってきました。講演会小泉さん

当日は道路が通行止めになるほどの大雪で寒い日にもかかわらず1,000人を越える人たちが駆けつけ会場は熱気で充満です。
僕と同じく東京から来てる人もかなりの人数いて驚きました。そしてその中には野党の有名な国会議員さんも一般客に混じって受講してました。
「東京ではなかなか小泉さんの話を聞けないから来た」とその議員さんは言ってました。「とにかく今の小泉さんの生の話を聞きたい」とも。
小泉さんは、聞く人をその気にさせる、気分を高揚させる稀有な人です。
小泉さんから発せられる言葉は「魔法」のような効力を発揮するんですね。実体験で感じました。
常に前を向いて自分の言葉と自分の信念に忠実に生きようとする方との印象です。

以前、新聞記事で読んだのですが、ある議員の方が首相を辞めた頃の小泉さんから「政治は正義を実現するためにあるんだよ」と言われ、しびれるくらいに感動して、自分自身も政治家として判断して行動したいと考え、派閥にも入らず政治資金パーティーも開かず、党議党則よりも自分が正しいと思うことを貫ぬくことができたと述懐されてました。
使う人によって「言葉」は「宝物」にも「凶器」にもなります。
とても大切なものを得られた小泉純一郎講演会でした。
(キャプテンK)