消費者の情報調査・分析会社であるニールセン株式会社が、スマートフォン(スマホ)視聴率調査およびPC版インターネット視聴率情報のデータをもとに2014年1月~2015年1月の1年間の「ビデオ/映画」カテゴリーの最新利用動向を2月24日に発表しました。スマホ
最新の2015年1月時点でのスマホによる利用者数は3,701万人、PCでの利用者数は2,682万人とスマホで視聴する人がPCを1,000万人上回る結果となっています。

そして利用するサービスは1位に「YouTube」、2位が「ニコニコ動画」、3位が「GYAO!」となっていますが、そに内容は各サービスで違いがあるようです。
1位の「YouTube」はスマホ利用者がPC利用者の1.6倍にあたる3,060万人が視聴しています。それに反して、3位の「GYAO!」はPC利用者がスマホ利用者の1.7倍にあたる880万人視聴しているという結果を得ました。
これから想像するに「GYAO!」はPCの前でじっくり長時間ソフトを視聴しているの対し、「YouTube」はスマホでちょこちょこ短時間視聴しているということでしょうか。

インターネットにおいて動画コンテンツが今後最も注目されていくと思われますが、利用するデバイスはPCから徐々にスマホやタブレットに移行していくのでしょうね。
Web動画はスマホで見るのがあたりまえになる日も近いのです。そして見るだけじゃなく、個人が動画を作成して投稿・発信していく。
今まさに起こっていることです。
(キャプテンK)

ニールセン株式会社による「ビデオ/映画」カテゴリの最新利用動向調査について詳しくはコチラ