書店の雑誌棚で、ひときわ異彩を放つ表紙は1月5日に発売された週刊誌『AERA』。アエラ
新年第一号は「くまモン」の生みの親としても有名なマルチクリエイターの小山薫堂さんが特別編集長として作られた特別増大号でその大特集タイトルはズバリ「やさしくなりたい。」
今の社会にまさに求められているワードではないでしょうか。
新年の始まりに、「やさしさ」について考える。素敵なことです。
では、やさしさとは何でしょう?
小山薫堂特別編集長が行き着いた一つの答えは「他を想う力」だと記述されてます。

『AERA』約90ページが丸ごとやさしさにつつまれた特集号です。幸せな気持ちにさせてくれる、そしてやさしくなれる一冊です。
おすすめ♪ (キャプテンK)