“福島の相馬地方に「相馬野馬追」という1,000年続くサムライのお祭りがある”で始まる動画作品『サムライガール 相馬野馬追』がYouTubeで公開1ヶ月で100カ国以上からアクセスを記録して注目を集めています。

制作したのは福島の人たちが笑顔で音楽に乗って踊りまくる人気動画「HAPPY 福島版」を手がけた福島在住のソーシャルメディアプロデューサー熊坂仁美さん。実はこの動画は福島県観光課から「海外用のPR」を依頼されたものでした。

そこで熊坂さんは海外向けに動画を拡散させるために「シンプルで目をひきやすい要素が必要」ということで日本を連想させやすくネットで検索されやすい「サムライ」というコンテンツに、甲冑姿の若い女性という意外性を組み合わせて「サムライガール」という作品を生みだしたのです。
PR動画は4分半。前半は激しいロック音楽に乗せて野馬追騎馬が疾走するスピード感を、そして後半はバラード音楽をバックに相馬地方の伝統の力を伝えます。

海外からは「日本人の誇りと魂を見せてくれる」というコメントも♪ 僕も2年前から「相馬野馬追」に魅せられ、観光にいってます。
1,000年の伝統を同じ場所でずっと続けていることの凄さをもっともっと多くの方たちに知ってもらいたいし、素直に見て欲しいと思います。
人生観が変わるんじゃないでしょうか?少なくとも僕は変わりました。
「サムライガール」は素敵なキッカケ♪
(キャプテンK)