私たちの暮らしと産業、そして社会全体を豊かにする「よいデザイン」を称える制度として『グッドデザイン賞』があります。
受賞数は毎年約1,000件、創設されてから55年間で約40,000件におよびます。
そして『グッドデザイン賞』は、家電製品や自動車などの工業製品から、住宅や建築物、各種サービスやソフトウェア、パブリックリレーションや地域づくりなどのコミュニケーション、ビジネスモデルや研究開発にいたるまで有形無形を問わず、人によって生み出されたあらゆるモノや活動が対象になります。
デザイン佐藤さん表佐藤さん裏
東京ミッドタウン・デザインハブというところで、「私の選んだ一品2014」展という企画展がありました。(10月25日に終了)
これはグッドデザイン賞の審査委員をつとめる国内外の71名ひとりひとりのお気に入りや気になった受賞作一品を取り上げ、デザインを通してデザインのもつ魅力や楽しさ、可能性をパネル展示された言葉を通して伝えるというものです。(写真は「私の選んだ一品2014」展/デザイナーの佐藤卓さんが選んだ「カロリーメイト」のパッケージデザイン)

そして「グッドデザイン賞」の最新受賞作品を紹介するイベント『GOOD DESIGN EXHIBITION 2014』が本日10月31日から11月4日まで、東京ミッドタウンで受賞作品全点が紹介されます。暮らしに社会に息づくデザインのチカラを実感してください!
(キャプテンK)

『GOOD DESIGN EXHIBITION 2014(グッドデザイン賞受賞展)』について詳しくはコチラ